福岡大学英語学科ブログ

カルガリー便り(英語学科3年 ツキノ君)

毛利史生 2013年 8月9日  カテゴリー: 在学生

こんにちは。連日うだるような暑さですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

昨日のブログでも少しお話ししましたが、先日、学科の福田先生とGEプログラムの視察でシンガポールを訪れました。その出発の8月4日には、短期留学や海外旅行に旅立つたくさんの福大生に福岡国際空港で会いましたよ。まさに出国ラッシュといった感じでした。英語学科の留学プログラムの一つであるカルガリー大学研修に参加する学生たちも8月4日に日本を旅立ったようです。そして、そのカルガリー大学で現在頑張っている本学科3年のツキノ君から写真が送ってきましたので、皆さんにもお届けします。

福田ゼミに所属するツキノ君ですが、無事にカルガリーに到着したようです。ツキノ君が敬愛するゼミの先生のアドバイスに従い、ホストファミリーへのお土産はスウィーツを持参したそうです。そんなツキノ君が選んだスウィーツはご存知「博多通りもん」。一口頂いたホストファミリーも思わず’Unbelievable!!’と言ったとか言わなかったとか。

以下、ツキノ君から頂いた写真です。


ホストブラザーとの写真!!


Hyatt Regency Calgaryで、社員の方と撮った写真。ツキノ君がHyatt Fukuokaで働いていることを知ったホストファミリーが、わざわざ連れて行ってくれたそうです。


最後は、ホームパーティーがあった時にマザーの友達の娘さんと撮った写真!切れ長の目をしたツキノ君、美女と並んでも目力は引けを取りません!!


ツキノ君は、本当に優しく心遣いをしてくれる学生です。志も高く、向こうでも頑張ってくれると思います。次回のお便り、楽しみにしております。