福岡大学英語学科ブログ

Ling Cafe

毛利史生 2014年 7月26日  カテゴリー: 在学生

こんにちは。土曜の夕刻、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

本日は、ゼミ生たちと研究室で過ごした時の模様を、写真とともに皆さんたちにお届けします。私にとって3期目のゼミで、今年が2年目になりますが、相変わらず楽しいメンバーです。

7月の中旬、前期授業も終わり、研究室で「お疲れさま」の意味を込めて、スターバックコーヒーをテイクアウトし、ゼミ生たちとお昼のまったりしたひと時を過ごしました。

私のゼミ生10名も、無事に「卒論題目届」を提出し、卒業論文の方向性が決まりました。過去の私のゼミは、意味論を中心とした理論研究でしたが、今回は第2言語習得を中心としたテーマに取り組んでいきます(私個人の研究でもこのテーマで少し取り組むことになったため、学生たちにも一緒に頑張ってもらいます)。


左、マミさん、真ん中、ソルジャー、そして右は初登場のハダさん。1年生の「英文法」では大活躍。その後の活躍は...?


そして、久しぶりの登場、ジョウキンちゃん(左)。横顔もかわいいと評判(某氏談)。


もうすぐ遠くに行ってしまうジョウキンちゃんに色々とアドバイスを送るマミさん。そして、ジョウキンちゃんが「遠くに」といった瞬間、あせったであろう同級生たち、ご安心ください。すぐに帰ってきます。でもマミサン、いい顔してない?!


久しぶりの登場、Rioさん(中央)。2年生の時に一度このブログに登場しています(「在学生の声」でね)。そうなんです、実は内のゼミだったんです。


去っていくゼミ生たち。一番手前は、いつも笑顔のフナッチャン。今年もオープンキャンパスお手伝いしてくれます。そして一番奥では、右手を高く突き上げるマミさん。そして、女子トークに圧倒されたソルジャー、男性1人だけで、いつもごめんね。

ゼミ2年目も半分が終わろうとしています。残りは最終学年の後期だけです。卒論提出に向けてがんばりましょう。