福岡大学英語学科ブログ

卒業生の声

毛利史生 2015年 6月2日  カテゴリー: 卒業生

こんにちは。沖縄も梅雨入りし、梅雨前線が近づく今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
午後はかなり雨も降りましたね。天気図を見る限り、北部九州も梅雨入り間近、といったところでしょうか。

本日は、過日遊びに来てくれた私の最初のゼミ生と、秋好先生のアドバイズィーでしたあの人をご紹介いたします。

医学部で秘書をしているマツバラさんと高校で教鞭に立つカワリュウさんです。近況報告に来てくれました。二人とも頑張っているようです。最近のお仕事の話もそうなんですが、プライベートもおもしろい二人(いい意味で)、楽しい話を聞かせてもらいましたよ。


正統派美人と個性派美人の二人。どっちがどっちかはあなた次第!ミスター、見てる??


すみません、私です。

卒業して5年が経ち、もはや教員というより、一先輩社会人として二人と会話している感じが不思議でもあり、心地よくもありました。遠くに行ってしまった友人もいますが、二人はいつまでも近い関係であればいいね。


続いては、福岡市役所に勤めるトダカくん。素敵なエリートです。本人はいつも「やめて下さいよ」と謙虚な対応をされますが、仕事には誠実に、そして情熱を注いでいるのがわかります。

すごいことに、先日、仕事の出張で合衆国を訪れたようです。福岡から世界をまたにかけて活躍するトダカ君、輝いていましたよ。そしておいしいチョコレートまでいただきました。Thanks a lot!!


「今晩は、秋好会です。秋好先生と仲間たちと飲みに行きます。夕べのひと時なんですよ!」


元気で活躍している卒業生に会うと、こちらもエネルギーを頂いている気分です。いつまでもエネルギッシュに頑張ろうね。