福岡大学人文学部
英語学科

英語学科へようこそ

お知らせ

オープンキャンパス 2018 大好評のうちに終了
8月4日(土)に行われたオープンキャンパスには、炎天下にもかかわらず、大変多くの方々にご来場いただきました。この場を借りまして、あらためて御礼申し上げます。(左下は英語学科コーナー2018のメンバー)
英語学科の個別相談コーナー(A棟6階616教室)には、午前10時前から午後3時過ぎまで、ひっきりなしに高校生やその保護者の皆様方がおいでになり、現役英語学科生や先生たちの話に熱心に耳を傾けておられました。応対した学生たちも、その数の多さと熱心さにうれしい悲鳴を上げておりました。
また、8号館で開催された模擬講義も、例年以上に好評だったようで、Kimber先生の講義には500人もの方々が御来場下さったとの報告が来ております。
左の画像をクリックすると拡大されます。
● Kimber先生(823教室 11:50)には、近年、数を増しつつある Linga Franca としての英語(英語を母語としない人たちどうしで使われる英語)についてお話しいただきました。
● アメリカ演劇が専門の坂井先生(826教室 14:00)には、日本ではあまり知られていないアメリカの地方演劇の取り組みについてお話しいただきました。
■ 英語圏文化研修(カルガリー研修)
2016年までの「英語圏文化研修」では、学生の皆さんを英国のバース大学に派遣していましたが、諸般の事情により、2017年からはカナダのカルガリー大学への派遣に切り替わることになりました。
 
 
滞在の様子については、英語学科ブログの以下の記事を御覧下さい。

英語学科のカリキュラムが変わりました。(2015年度入学生より)

英語学科では、カリキュラムの更なる充実を求めて、平成27年度(2015年度)入学生より、以下の二つの新制度を導入いたしました。

1. Study In English (通称 SIE) プログラム
英語学科の2年次~4年次の専門教育科目の一部において、英語能力の高い学生のみを選抜した少人数クラス(15~20名を限度)を作り、そこで、原則として英語のみを使用するハイレベルな授業を行います。詳細は、こちらを御覧下さい。
SIE図
2. 語学力強化プログラム(ドイツ語・フランス語専門科目履修)
第2外国語でドイツ語またはフランス語を履修し、優秀な成績を収めた学生は、それぞれドイツ語学科・フランス語学科の専門教育科目の一部(会話・作文・現地研修など)を、関連科目として履修することができるようになりました。詳細は、こちらを御覧下さい。

MENU

新着情報

関連サイト