福岡大学人文学部
英語学科

英語学科Q&A

オープンキャンパス等でよく尋ねられる質問をまとめてみました。

受験に関して

受験対策はどうすればいいですか?
まずは過去問題を参照し、出題形式や問題のレベルを確認してください。内容的には、教科書中心の基本的な問題になっていると思います。基礎学力をしっかり身につけてください。
推薦入試と一般入試はどう違うのですか?
詳しくは入学センターの説明を御覧いただきたいのですが、ポイントだけ簡単にまとめておきますと:
  • 推薦入試は専願制で、合格した場合は必ず入学することが条件になります。試験科目は人文学部の場合、英語と国語の2科目です。試験時間がこの2科目合わせて60分ですので、早く確実に解答することがポイントです。
  • 一般入試は3科目受験です。英語に和訳問題があります。また、一般入試には前期日程と後期日程がありますが、後期日程については、前期日程の採点終了後に情報を開示いたします。
推薦入試で落ちたら一般は受けられますか?
もちろんです。ぜひトライしてください。

学生生活に関して

生活費はどのくらいかかりますか?
一人暮らしの場合は部屋代、食費、その他のお金がかかりますが、部屋代は平均して5万円(ただし3万円という人も居ます)、食費は平均して2万円、その他(光熱費、携帯電話代、サークルや趣味など)に平均して3万円ほどかかっているようです。
家から2時間かかるのですが通えるでしょうか?
正確な数・割合はわかりませんが、通学時間が1時間強~2時間弱くらいの学生は(特に女子学生の場合)結構いるようです。2年までがんばって2時間かけて通学したが、ついに3年生になってアパートを借りて一人暮らしを始めたという学生もいました。1時間半位だとまだがんばれそうですが、2時間となると、行き帰りだけに往復4時間かかることになりますから、少し厳しいかもしれません。
どのようなサークル活動がありますか?
クラブ活動紹介を参照してください。

授業に関して

学科のカリキュラムはどうなっていますか?
英語学科カリキュラムを参照してください。
どんな資格が取得できますか?
まずは英語教員免許です。また、(外国人に教えるための)日本語教員免許も取得可能です。きわめて稀な例ではありますが、その両方を取得した卒業生もいます。
外国人(教員&英語圏からの留学生)と接触する機会は?
英語学科専任教員のうち6名が英語ネイティブスピーカーです。その他に、大学全体の共通教育英語の授業を受け持つ言語教育研究センターのスタッフにも英語ネイティブスピーカーが10数名います。教員にはそれぞれにオフィスアワーが設けられていますから、その時間であれば(予約をとれば他の時間でも)自由にオフィスを訪ねることができます。また、交換留学制度により英語圏からの留学生も来ていて、彼らと交流するためのパーティやイベントなども開催されますし、彼らの福大での生活を支援するための「国際交流ボランティア」という制度もあります。ですから、皆さんにちょっとした積極性さえあれば、授業外で外国の人たちと話をし、視野を広げる機会はいくらでもあります。
どんな外国語が勉強できますか?
英語学科で履修できる第2外国語は、ドイツ語、フランス語、中国語、ロシア語、スペイン語、朝鮮語です。大学院進学を考えている人にはドイツ語かフランス語の選択を勧めています(大学院受験の場合は試験科目にドイツ語かフランス語が課されることが多いからです)。
授業(での使用言語)は英語ですか?
ネイティブスピーカーの先生の授業は基本的には英語になります。そうでない場合は日本語になることが多いですが、英語で授業がなされることもあります。英語が流暢に話せるようになるためには、英語に接する時間を多くするのがポイントですから、なるべくそのような環境に学生を置こうと考えております。
すでに英語が流暢に話せる学生に混じって勉強するのですか?
時に帰国子女のようにすでに英語が流暢に話せる学生もクラスに居ることもありますが、ほとんどの場合、みんな高校を卒業した後で同じスタートラインに立っていると考えてもらって結構です。英語が流暢に話せるようになるためには、英語に接する時間を多くするのがポイントですから、がんばり次第です。

留学に関して

留学の制度はどうなっていますか?在学中に留学できますか?
留学には大きく分けて交換留学、認定留学、海外研修の3つがあります。
  • 交換留学は期間は1年間で、留学先は英語圏では英国に2大学、米国に2大学、豪州に1大学あります。留学助成金が支給され、留学先大学での授業料が免除されます。
  • 認定留学は、事前に本学の許可を得て留学する制度です。学費は本学と留学先の両方に納入する必要があります。
  • 海外研修は1ヶ月弱で、研修先は英国に1大学、米国に1大学、豪州に1大学あります。選考試験とオリエンテーションが課されますが、参加の意思が強ければ必ずパスすることでしょう。
留学先で取得した単位は本学の単位として認められます(但し、すべてではありませんので、なるべく本学のカリキュラムと類似する科目を選択することが肝要です)から、4年間で本学を卒業することが可能です。(詳しくは国際センターのサイトを御覧ください。)なお、これらとは別に、英語学科では、夏期休暇中にカナダに1ヶ月弱滞在するプログラム(海外研修)を独自に行なっています。

就職に関して

卒業後どのような職業に就けますか?
2006年3月卒業生が就いている職種・業種を多い順に挙げますと、サービス業(30%程度)、運輸・通信(20%程度)、卸売・小売(20%程度)、教職(5%程度)、製造(5%程度)、建設(4%程度)、公務員(2%程度)といったところです。卒業生の進路も御覧ください。
地元(九州・福岡)に就職できますか?
本社、支社が地元(例えば福岡県内)に限られる会社であれば、県外に出る可能性は低いでしょうから、そのような企業をリストアップしていき、その中から自分にあった業種を選ぶということがアプローチの仕方としては考えられます。しかし、自分が本当にしたい仕事がその中にあるとは限りませんし、あったとしてもその企業から内定をもらえるという保証はありません。今やグローバル化ということがさかんに言われる時代ですから、視野を広く持って、その中から本当に自分にあったものを探すというスタンスでいるというのはいかがでしょうか?
英語が使える職業に就けますか?
英語が使える職業というと、英語インストラクター、通訳、翻訳家、ツアーコンダクター、ジャーナリスト、ホテル・スペシャリスト、商社マン、航空管制官、外国と関わる政府機関・民間団体のスタッフといったようなものがあります。これらは、それぞれで勉強法やアプローチの仕方に違いがありますから、まずは英語力を観光・ツアーの分野で活かしていくのか、あるいは貿易などの国際ビジネスの分野で活かしていくのか、自分の専門分野を決めることが肝心です。共通して必要となるのは、まず、基礎がしっかりとした英語力です。また、コミュニケーションをとる上で、宗教・文化・風俗・慣習・政体などを知っておくことが必要となってきます。聴く・話す以外にも読む・書くことを正確にこなすことが要求されます。このような総合力をぜひ身につけてください。また、上記のような仕事に就いている先輩が各方面にいますから、コンタクトを取って勉強方法などを聞くのもとても参考になると思います。
中・高の英語教員になれますか?年にどれくらいの人がなりますか?
毎年数人の在学生が公立学校の英語教員を目指して採用試験を受けますが、現役で合格することは希です。ですが、常勤講師や非常勤講師として活動しながら、採用試験を受けて合格していく卒業生は毎年数人ずつ出ています。その他、私立の中学・高校の英語教員に採用される学生もいます。また、将来、小学校に英語の授業が導入される可能性が高いことから、在学中や卒業後に小学校の教員免許を取得し、専任として採用される学生もいます。勤務先を自分の出身県に限りたいという学生もいて、その場合はその県でのポストの空きを待つか、他県でも近隣なら良いというように考えを変え、近隣県で教員の職に就くというパターンになるようです。
フライト・アテンダント(あるいは地上クルー)になれますか?
かなり厳しい競争がありますが、英語学科では毎年採用者が出ています。フライト・アテンダントになるには当然、英語力が必要になってきます。日系の航空会社を志望する場合は極端に高い英語力を求められることはありません(TOEIC 600点程度、英検であれば2級)が、外資系の航空会社を志望する場合、会社説明会も採用選考・面接もほとんど英語で行われますから、TOEICでは730点程度、英検で言えば準1級の英語力が必要になります。次に準備が必要なのは筆記試験と面接です。筆記試験の対策としてはスチュワーデスマガジンの巻末にある問題や、その他発売されている問題集などが有効でしょう。また、一般の就職活動用のSPI問題集もかなり参考になります。面接ではどれだけ業界のことを勉強しているかが問われますから、マガジンや関連書籍以外にもインターネットを利用して企業情報を集め企業研究をしっかりしておきましょう。接客が重要な仕事ですから、人間性という項目も選考基準の中にあります。学生時代に多くの人と触れ合って人間を磨いてください。人間性が顔に出て、それが応募書類の写真になるのだから、履歴書に貼る写真が一番大事だという方もいらっしゃいます。
旅行会社に就職できますか?
ツアー・コンダクター(添乗員)として仕事をするためには「旅程管理主任者」または「旅行業務取扱主任者」の資格が必要です。学内にあるエクステンション・センターでこの資格を取得するための講座を開いていますから、それを受講して資格を取るといいでしょう。また、資格に加え、海外旅行についての詳しい専門知識(特に現地事情、異文化に関する知識と理解)、語学力(特に観光英語と英会話力)、接客適正、強健な体力が求められます。また、この仕事をしている卒業生がいますから、コンタクトを取って勉強方法などを聞くのも、とても参考になると思います。

MENU

新着情報

関連サイト