福岡大学英語学科ブログ

グレゴリさん

毛利史生 2013年 5月28日  カテゴリー: 在学生

先週のとある午後、ゼミ生のフナジさんとジョウキンちゃんから連絡があり、「友人のフランス人とお邪魔していいですか?その友人、フランス語しか話せないんですが..」とのこと。少し不安はよぎりましたが、待つこと30分。

で、右側が二人が連れてきてくれたフランス人のグレゴリさん。


私のなんちゃってフランス語とオーバージェスチャーで、なんとかその場を取り繕うとしましたが、やっぱり無理です。ジョウキンちゃんたちも、全然フォローしてくれません。ただただ空回りで、私のアップアップ度も頂点に。するとグレゴリさん、突然、流暢な日本語で私に語り始めます。

それを見てほっとする私。同時に「話せるやん!!」と思わず声を荒げて叫んでしまいました(心の中で)。

実は、グレゴリさん、フランスの大学で日本語を学ぶ大学生です。現在は、日本に留学中の生粋のパリジャンです。二人とは、留学生交流パーティーで出会ったそうです。日本が大好きなグレゴリさん、卒業後は日本で教職に就くことが夢だと語ってくれました。是非、戻ってきてくださいね。



その日は3人でランチにケバブを食べに行ったそうです。その時のケバブランチ!トレビアーン!!



好感度120%の二人!ケバブ料理でさらにアップ(なんでやねん)!?



最後に、すっとこどっこいな男(右)とも記念撮影!

しばらく歓談した後、話は言語学の話題に。言語学を専門とする私は、ロマンス系言語、その中でもフランス語に特別な興味をもっております。言語学の話をすると、グレゴリさんもとても興味深そうに耳を傾けてくれました。私の研究にも喜んで協力してくれるそうです。是非、ケバブを囲んでまたお話しましょう。本当に楽しい午後のひと時でした。